Home > WordPress > うずしおネットでWordPress ~はじめに~

うずしおネットでWordPress ~はじめに~

この度、縁あって「うずしおネット」様提供の「無料レンタルサーバー」を利用させて貰う事になりました。
今回お借りしたスペースには、ブログシステムとして名高い(でも日本での知名度は何故か低め)なWordPressを導入します。(と言うか、既に導入しています。)

そこで先ずは、うずしおネット様提供のスペースに、このWordPressを導入して使うための手順を掲載していきたいと思います。

初回となる今回は、何故WordPressなのか、について語りたいと思います。

うずしおネット

日本でブログシステムと言えば、真っ先に名前が出てくるのが「six apart」社の「Movable Type」でしょう。
ブログシステムと言いつつも、現在ではブログのみに留まらず、静的なウェブページや画像・映像等のファイル管理まで行えるようになっており、ウェブサイト全体を管理するコンテンツ管理システム(CMS)に成長しています。

CMSではサイトのページ構成がモジュール化されており、ページ内のテキストや画像等をHTMLタグを書き換えることなく、自由に再配置する事が可能です。
日本ではXOOPSが最大勢力を誇っています。
また、XOOPSの他にもJoomlaDrupalも人気が高いようです。

では、何故WordPressを選ぶのでしょう?WordPressを選ぶメリットとは?

簡単に言うと、導入後の管理が非常に楽だから、これに尽きます。

WordPressは初回こそ導入するのに設定が必要ですが、一旦導入してしまえば後は非常に管理が楽なのです。
新しいバージョンが出れば、管理画面で通知してくれますし、その通知文にある「自動アップデート」を選ぶだけで勝手にアップデートしてくれます。
自分で新しいバージョンをダウンロードしてきて、サーバーに上げて、パッチ当て作業を行う、と言う一連の行為が全て不要なのです。(勿論、手動でやりたければ手動でも出来ますけどね。)

これはWordPress本体のみならず、テーマやプラグインであっても同様なのです。
テーマやプラグインのバージョンアップも通知→自動アップデート、で常に最新の状態に保てます。

また、そのテーマやプラグインの導入にしても、管理ページでテーマやプラグインを検索し、インストールを選択すれば、自動的にインストールしてくれるのです。

そう、手間がかかるのは初期導入作業だけ。
それも、設定ファイルのデータベースに関する項目を書き換えて、本体ファイル一式をサーバーに上げたら、インストールページにアクセスしてインストールを行う、と言うサーバープログラム使うのに最低限必要な作業だけでOKなのです。

色々なCMSを試してみましたが、ここまで簡単な至れり尽くせりのシステムに出会ったのは初めてでした。
勿論、他のCMSも筆者が使ってみた時からバージョンアップしているでしょうから、今では大差ない物になっている可能性はありますが。

そんな訳で、管理に手間をかけたくない筆者としては、WordPressとの出会いは非常に有用な物だったのです。

ただ、WordPressにも問題が無いわけではありません。
それらの至れり尽くせりな機能を使おうとすると、必然的に最近のバージョンを選ぶことになります。
執筆時点で最新のWordPressはVersion 2.7.1ですが、2.5以降のバージョンでは稼動条件として、インストール先のサーバーに「PHP バージョン 4.3 以上」「MySQL バージョン 4.0 以上」が求められます。

「あれ?その程度なの?」と思われるかもしれませんが・・・
自宅サーバーや有料レンタルサーバーなら未だしも、無料レンタルサーバーだと、その条件を満たす所は殆どありません。(有料レンタルサーバー借りろよ、と言うのは御尤もなのですけどね。)

そもそもPHPやDB使える所自体少ない上、導入されていてもバージョンの問題があったり、自動広告挿入コードのせいでCMSが正常に動作しなかったり・・・

PHPもMySQLも使える無料サーバーで有名なのはXREAです。
実は筆者もXREAでサービス利用させて貰っているのですが、大昔に借りたので、サーバーがシングルナンバーだったりします。
サーバー情報見れば判りますが、シングルナンバーのサーバーはPHP4.4.8、MySQL3.23.58、と言う事で、残念ながらMySQLのバージョンが低いためにWordPressを導入出来ません。
現在は新規募集も行われていませんので、新しいサーバーへ移動する、と言う手も使えません。
対応サーバーであれば、自動広告挿入を停止し、手動で広告コードを組み込む事で使用可能なのですけどね。

変わったところではWordPress導入済みのSiteMixがあります。
こちらはサービスを申し込むと、WordPressが導入された状態で借りられます。
初っ端の手間すら省けていて、WordPressの恩恵を受けつつも、手軽にサイト構築が行えます。
だったらSiteMixで良いじゃん、ってな物なのですが・・・去る2009年2月16日にサーバーに不正侵入され、一部のユーザーサイトでトップページが書き換えられると言う事件が発生しました。

まぁ、それ自体は即時対応されたのですが、その後セキュリティ向上のために一部サーバーの設定変更が行われました。
その影響を受け、ユーザーが自分で追加したテーマやプラグインが使えなくなっただけでなく、SiteMix側が初期導入していたテンプレートですら表示出来なくなって、各ユーザーのサイトには自動挿入の広告のみが表示されている、なんて状態になっていました。
まぁ、こちらも運営に連絡入れて使えるように直して貰いはしましたが・・・(現在では全ユーザー元通りになっている筈です。)

そんな訳で、自分自身でWordPressをインストール出来る無料サーバーを探していました。
とは言っても、条件が条件ですから、そうそう都合の良い所は見付かりません。(筆者的には広告表示自体は問題無いのですが、強制挿入だとCMSが動かないので、広告コードの自動挿入を止めて、手動挿入出来ない所も、今回は除外対象になりました。)

無料のサーバーを紹介している情報サイトをいくつも巡って、辿り着いたのが、ここ「うずしおネット」様だったりします。
筆者的には、ここ以上の条件の良い無料サーバーは無いんじゃないかな、と思ってます。
何しろ、広告は「うずしおネットにリンクを貼るだけ」、WordPressが動作するだけのサーバー要件を満たしており、その上使用可能な容量は1GB。
しかも、自宅サーバーではなく、ちゃんと企業が運営しているサービスで、です。
これだけの優良物件滅多にありませんよ(^^;

ただ、うずしおネットのホームページの紹介文に「徳島県でホームページを運営している個人や法人の方々に」と言う一文があるのですよね・・・
ユーザー登録ページにも同様の利用条件が書いてあり、一見県内在住者のみを対象にしているように見えるのですが・・・
その下に「とまぁ県内の方限定のように書いていますが、県内外とわず、面白い事をホームページでやろうと思っている方であれば世界中のどなたでも利用可能です。」なんて事が書いてたりします(^^;
(思わず「県内限定違うんかいっ!」と突っ込み入れそうになりましたけどね(w )

ユーザー登録申請時に、作ろうと思っているホームページの内容を明記すれば、県外者でも大丈夫のようです、と言うか、大丈夫でした。(筆者は県外者です。)

そんな訳で、明確な使用目的は決まっているけど、それを実現するための無料サーバーが見付からない、と言う方は、「うずしおネット」様の無料レンタルサーバーに申し込んでみては如何でしょうか?

Comments are closed.

Home > WordPress > うずしおネットでWordPress ~はじめに~

wp.Vicuna Ext

Return to page top